鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト: Raz Mesinai 2011

会場: Location One, 20 Greene Street, New York, NY 10013

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト: 吉増剛造 2017

会場: 山形ビエンナーレ/東北芸術工科大学 (山形)

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト: 植野隆司 2012

会場: Super Deluxe (東京)

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト: Ross Birdwise, Soressa Gardner, Joe Rzemieniak 2014

会場: バンクーバービエンナーレ/Coal Harbour Community Centre (Vancouver, Canada)

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト: Shing02 2009

会場: 金沢21世紀美術館 (石川), 写真: 池田ひらく

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス 2011

会場: WIMBLEDON space (ロンドン)

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス 2013

ダハヌ(インド)でのフィールド・プロジェクト, 写真: 高嶋敏展

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト: 植野隆司 2013

会場: 金沢21世紀美術館 (石川), 写真: 池田ひらく

スガダイロー x 鈴木ヒラク パフォーマンス 2013

会場: 金沢21世紀美術館シアター21 (石川), 写真: ナカサ&パートナーズ

鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス 2015

会場: 国際芸術センター青森 (青森), 写真: 小山田邦哉

坂口恭平 x 鈴木ヒラク ドローイング+トーク 2016

"Drawing Tube vol.00" 会場: Shimauma (東京)

伊藤存 x 鈴木ヒラク ドローイング+トーク 2016

"Drawing Tube vol.02" 会場: Tokyo Art Book Fair

今福龍太 x 鈴木ヒラク ドローイング+トーク 2017

"かくとはなす", 会場: アーツ前橋 (群馬), 写真: 木暮晋也

パフォーマンスは、毎回異なる方法や素材を用いて、時間・場所やコラボレーターとの関係性といった環境的制限の中でしか生まれ得ない形を発掘するための、開かれた実験の現場として機能している。例えば会場付近で採取した土を使用したり、書画カメラを使用しゲストと会話しながら手元で書かれた文字や線をスクリーンに重ねて投影するなど、近年は形式自体を柔軟に変化させながら継続している。