プロフィール

鈴木ヒラク

1978年生まれ。アーティスト。
ドローイングと言語の関係性を主題に、平面・彫刻・映像・インスタレーション・パフォーマンスなどを制作。環境に潜在する線的事象の発掘行為を通して、現代の時空間におけるドローイングの拡張性を探求している。2011-2012年アジアン・カルチュラル・カウンシルの助成によりアメリカに、2012-2013年公益財団法人ポーラ美術振興財団の助成によりドイツに滞在。これまでに金沢21世紀美術館 (石川、2009年)、森美術館 (東京、2010年)、ヴロツワフ建築美術館 (ポーランド、2015年)、銀川現代美術館 (中国、2016年)、MOCO Panacée (フランス、2019年)、東京都現代美術館 (東京、2019-2020年)など国内外の美術館で多数の展覧会に参加。2016年よりドローイング研究のためのプラットフォーム『Drawing Tube』を主宰。音楽家や詩人など異分野とのコレボレーションや、大規模なパブリックアートも数多く手がける。主な作品集に『GENGA』(2010年)、『SILVER MARKER―Drawing as Excavating』(2020年)などがある。

Full CV(日本語)をダウンロード

 

学歴

2008年 東京芸術大学大学院美術研究科先端芸術表現専攻修了
2001年 武蔵野美術大学造形学部映像学科卒業

 

受賞・レジデンス

2017年 The international FID Prize drawing contest (パリ) グランプリ受賞
2013年 日産アートアワード 2013 ファイナリスト
2012年 公益財団法人ポーラ美術振興財団在外研修員としてベルリンに滞在 (ドイツ)
2011年 アジアン・カルチュラル・カウンシル (ACC)フェローシップによりLocation One, ニューヨークに滞在 (アメリカ)
2011年 財団法人東京都歴史文化財団の助成によりロンドン芸術大学チェルシー校に滞在 (イギリス)
2009年 Red Bull House of Art Residencyに参加。サンパウロに滞在 (ブラジル)
2009年 財団法人東京都歴史文化財団の助成によりArtspace, シドニーに滞在 (オーストラリア)

 

主な個展

2019年09月 Excavating Reflections – Galerie chantiers Boîte Noire(モンペリエ、フランス)
07月 The WALL 01 鈴木ヒラク – 500m美術館(北海道)
2018年10月 The Writing of Meteors – EACH MODERN(台北)
04月 交通 – ART FRONT GALLERY(東京)
2017年10月 アーツ前橋連携企画 特別展示 鈴木ヒラク – rin art association(群馬)
2016年10月 Constellations – 西武渋谷店(東京)
2015年09月 GENZO – Misa Shin Gallery(東京)
04月 かなたの記号 – 国際芸術センター青森(青森)
2013年03月 Excavated Reverberations – Daiwa Anglo Japanese Foundation (ロンドン)
2011年08月 Glyphs of the Light – WIMBLEDON space (ロンドン)
2010年12月 U – island MEDIUM (東京)
06月 GENGA and Recent Drawings – Galerie du Jour Agnes b. (パリ)
2008年02月 NEW CAVE – トーキョーワンダーサイト渋谷 (東京)
2006年07月 dig – Galerie du Jour Agnes b. (パリ)
2004年11月 NAZO – UPLINKギャラリー (東京)
2003年02月 鈴木ヒラク個展 – INAX ギャラリー2 (東京)
2000年07月 bacteria sign – ギャラリーフレスカ (東京)

 

主なグループ展

2020年09月 先端芸術2020 / アペラシオン APPARATION -先端芸術表現科20周年&伊藤俊治教授退任 記念展 ‒ 東京藝術大学大学美術館陳列館 (東京)
07月 Correspondence – EACH MODERN (台北)
06月 constellation #01 – rin art association
 (群馬)
2019年11月 MOTアニュアル2019 Echo after Echo:仮の声、新しい影 – 東京都現代美術館
 (東京)
11月 球体のパレット タグチ・アートコレクション – 札幌芸術の森美術館
 (北海道)
09月 DES PHOTOGRAPHES … DES ARTISTES ET LE CARDIGAN PRESSION – 17 rue Dieu
 (パリ)
09月 球体のパレット タグチ・アートコレクション – 北海道立函館美術館
 (北海道)
09月 BOOM – MO.CO. Panacée (モンペリエ、フランス)
06月 球体のパレット タグチ・アートコレクション – 北海道立釧路芸術館
 (北海道)
04月 球体のパレット タグチ・アートコレクション – 北海道立帯広美術館 (北海道)
02月 アートみやぎ – 宮城県美術館 (宮城)
2018年11月 アラワシの詠 (うた) – はじまりの美術館 (福島)
09月 ビヨンドワンダー -さまざまユートピアの眼差し – 名古屋芸術大学アート&デザインセンター (愛知)
04月 21世紀の美術 タグチ・アートコレクション展 – 平塚市美術館 (神奈川)
02月 psmg vol.003 鈴木ヒラク×コンタクトゴンゾ – コンタクトゴンゾ事務所 (大阪)
01月 コレクション展3 見ることの冒険 – 金沢21世紀美術館 (石川)
2017年12月 アートのなぞなぞー高橋コレクション展 – 静岡県立美術館 (静岡)
10月 point to line アブデルカデール・ベンチャマ/鈴木ヒラク – アニエス・ベー銀座 (東京)
10月 ヒツクリコ ガツクリコ ことばの生まれる場所 – アーツ前橋 (群馬)
04月 高橋コレクションの宇宙 – 熊本市現代美術館 (熊本)
04月 いちはらアートXミックス – アートハウスあそうばらの谷 (千葉)
03月 繊細と躍動 – ポーラ ミュージアム アネックス (東京)
03月 SIDE CORE-路・線・図 – Gallery TRAX (山梨)
2016年09月 山形ビエンナーレ – 東北芸術工科大学 (山形)
07月 ぐるっと展望!現代アート入門ー高橋コレクション – 金津創作の森 (福井)
04月 Very Addictive – Re extension of Aesthetics in Daily Life – 銀川現代美術館 (銀川、中国)
02月 第8回恵比寿映像祭「動いている庭」- 恵比寿ガーデンホール (東京)
2015年12月 THINK TANK Lab Triennale – ヴロツワフ建築美術館 (ヴロツワフ、ポーランド)
11月 5×3 – クンストラウム・デュッセルドルフ (デュッセルドルフ、ドイツ)
10月 COSMOS/INTIME – パリ日本文化会館 (パリ)
04月 TRAITS d’esprit – Galerie du Jour agnes b. (パリ)
2014年09月 国東半島芸術祭「希望の原理」 – 旧香々地町役場 (大分)
06月 バンクーバービエンナーレ (バンクーバー、カナダ)
03月 DRAWING NOW PARIS – the Carreau du Temple and Espace Commines (パリ)
2013年09月 日産アートアワード – BankART Studio NYK (横浜)
09月 高橋コレクション-マインドフルネス! – 札幌芸術の森 (北海道)
07月 高橋コレクション-マインドフルネス! – 霧島アートの森 (鹿児島)
04月 DRAWING NOW PARIS – Carrousel du Louvre (パリ)
02月 Wall Art Festival Warli – Jivan Sikshan Mandir Ganjad (ダハヌ、インド)
2012年09月 ソンエリュミエール、そして叡智 – 金沢21世紀美術館 –(石川)
03月 SIDE CORE-日本美術とストリートの感性 – BA-TSU ART GALLERY (東京)
07月 パンタ・レイ 小金沢健人・鈴木ヒラク – TALION Gallery (東京)
01月 One And Many – Location One (ニューヨーク)
2011年11月 地表から遠く離れて 鈴木ヒラク・逢坂卓郎 – TALION Gallery (東京)
09月 DRAWING -線を描くという営為 – island MEDIUM (東京)
2010年03月 六本木クロッシング 2010展:芸術は可能か? – 森美術館 (東京)
2009年11月 Red Bull House of Art – Hotel Central (サンパウロ)
05月 Re:Membering -Next of Japan- – Gallery LOOP (ソウル)
04月 愛についての100の物語 – 金沢21世紀美術館 (石川)
03月 VOCA展 2009 – 上野の森美術館 (東京)
03月 Between Site & Space – Artspace Sydney (シドニー)
2008年11月 FIXMIXMAX!2 – 現代アートのフロントライン – 札幌宮の森美術館 (北海道)
10月 MIMITOME – TOU SCENE (スタバンガー、ノルウェー)
09月 都市のディオラマ:Between Site & Space – トーキョーワンダーサイト渋谷 (東京)
2004年08月 Tokyo Style in Stockholm – Karl Johans Torg (ストックホルム)
08月 Tokyo Style in Gothenburg – Roda Sten (ゴッテンブルグ、スウェーデン)
2002年08月 Tokyo Art Jungle – 東京国際フォーラム/JR 山手線 (東京)

 

主なドローイングパフォーマンス

2020年09月 山形ビエンナーレ2020「新しい線を思い出す」 – 東北芸術工科大学 (山形)
02月 「ドローイング・オーケストラ」 w/大原大次郎、カニエ・ナハ、西野壮平、ハラサオリ、村田峰紀、やんツー、BIEN – 東京都現代美術館 (東京)
2019年12月 「パフォーマンス・セッション」 w/鈴木昭男 – 東京都現代美術館 (東京)
2019年03月 北海道立函館美術館 (北海道)
03月 アートみやぎ – 宮城県美術館 (宮城)
2018年06月 「一本の木から」 w/小金沢健人 – 金沢21世紀美術館 (石川)
2017年12月 「かくとはなす」 w/今福龍太 – アーツ前橋 (群馬)
11月 Drawing Tube vol.3 w/アブデルカデール・ベンチャマ – Tokyo Arts and Space Residency (東京)
09月 New Optimism w/ハトリミホ – KATA (東京)
09月 札幌国際芸術祭2017 w/吉増剛造 – 札幌芸術の森 (北海道)
04月 スガダイローとJASON MORANと東京と京都 w/スガダイロー、ジェイソン・モラン – ロームシアター (京都)
2016年09月 「本を描く」Drawing Tube vol.2 w/伊藤存 – 京都造形芸術大学・東北芸術工科大学 外苑キャンパス (東京)
09月 Drawing Tube vol.1 w/吉増剛造 – 東北芸術工科大学 (山形)
08月 Drawing Tube vol.0 w/坂口恭平 – shimauma (東京)
2015年06月 音とドローイングのインプロビゼーションライブ w/ハトリミホ、勝井裕二、U-zhaan、内田直之 – 下北沢440 (東京)
05月 かなたの記号 – 国際芸術センター青森 (青森)
2014年10月 山形ビエンナーレ w/鈴木昭男 – 文翔館 (山形)
10月 Red Bull Music Academy w/灰野敬二 – Super Deluxe (東京)
09月 粟津潔、マクリヒロゲル1「美術が野を走る:粟津潔とパフォーマンス」オープニングプログラム
w/スガダイロー – 金沢21世紀美術館 (石川)
06月 バンクーバー・ビエンナーレ w/Ross Birdwise, Soressa Gardner, Joe Rzemieniak
– Coal Harbour Community Centre (バンクーバー)
03月 COVERD TOKYO w/スガダイロー – PARK HOTEL (東京)
2013年02月 Wall Art Festival in Warli – Jivan Sikshan Mandir Ganjad (ダハヌ、インド)
01月 ソンエリュミエール、そして叡智 w/植野隆司 – 金沢21世紀美術館 (石川)
2012年07月 XXX w/植野隆司 – Super Deluxe (東京)
06月 HORS PISTES w/カジワラトシオ、東野祥子、河村康輔、Rokapenis – UPKINK FACTORY (東京)
05月 PULSE 振動 w/ Kitchen Orchestra, 永戸鉄也 – Super Deluxe (東京)
03月 Opalnest presents Editquette w/Loren Connors, Julien Langendorff – Printed Matter (ニューヨーク)
2011年12月 Hiraku Suzuki Live Drawing w/Raz Mesinai – Location One (ニューヨーク)
08月 Glyphs of the Light – WIMBLEDON theatre (ロンドン)
05月 Mai Jazz Festival – Kitchen Orchestra, 永戸鉄也 – TOU SCENE (スタバンガー、ノルウェー)
2010年12月 U – island MEDIUM (東京)
11月 MIKAISEKAI DX w/昆野立 – Super Deluxe (東京)
06月 2010年春夏パリコレクション agnes b. CMC (パリ)
03月 六本木アートナイト w/Shing02 – 森美術館 (東京)
02月 星のこずちでコツン w/カジワラトシオ、東野祥子 – Super Deluxe (東京)
2009年07月 愛についての100の物語 – 金沢21世紀美術館 (石川)
05月 愛についての100の物語 w/Shing02 – 金沢21世紀美術館 (石川)
04月 愛についての100の物語 recording w/植野隆司 – 金沢21世紀美術館 (石川)
2008年10月 MIMITOME w/灰野敬二, 中原昌也, ぴかちゅー, 生西康典, 永戸鉄也 – TOU SCENE(スタバンガー、ノルウェー)
08月 FLAT SESSION w/中村賢治GROUP – Super Deluxe (東京)
08月 Matar O No Matar w/BABY-Q – Super Deluxe (東京)
04月 インサイド/アウトサイド w/Shing02, JUNZO, 伊東篤宏 – UPKINK FACTORY (東京)
02月 サロン天国 vol.6  w/竹久圏 – Super Deluxe (東京)
2007年02月 w/煙巻ヨーコ, 伊東篤宏 – UPLINK FACTORY (東京)
02月 Kuala Mute Geek vol.09 w/クリストフ・シャルル – andZONE (東京)
2006年09月 Sound Channel w/EYE, カジワラトシオ, MOOCHY (大阪)
08月 cooking 2 w/L?K?O – GRID605 (東京)
07月 dig – Galerie du Jour Agnes b. (パリ)
07月 cooking 1 w/植野隆司 – GRID605 (東京)
2005年11月 w/山川冬樹, KUJUN – UPLINK FACTORY (東京)
10月 高輪プリンスホテル貴賓館 (東京)
09月 Kosmic Renaissance Japan Tour w/Kosmic Renaissance, 宇川直宏 – リキッドルーム (東京)
04月 愛・地球博2005 (愛知)
2004年12月 NAZO NIGHT vol.4 w/テニスコーツ – UPLINK ギャラリー (東京)
12月 NAZO NIGHT vol.3 w/生西康典 – UPLINK ギャラリー (東京)
12月 NAZO NIGHT vol.2 w/SEIN – UPLINK ギャラリー (東京)
12月 NAZO NIGHT vol.1 w/Shing02, DJ A-1 – UPLINK ギャラリー (東京)
10月 w/テニスコーツ – Spaon (北海道)
08月 Tokyo Style in Stockholm w/Shing02, 梅田宏明 – Kulturhuset (ストックホルム)
2003年11月 w/Shing02 – リキッドルーム (東京)
08月 札幌護国神社 (北海道)
07月 Asahi Art Festival 2003 w/こだま和文 – アサヒスーパードライホール (東京)
07月 mud and words w/Shuren the fire – BAR S-Ⅱ (北海道)
04月 MIND BOGGLER w/生西康典, 植野隆司 – Super Deluxe (東京)
02月 Tokyu Deconstruction w/生西康典 – Organ Bar (東京)
2002年04月 GADABOUT w/Shing02 – MILK (東京)
2000年11月 法然院 (京都)
08月 bacteria sign w/nibo, 岩井主税 – つつじの里児童遊園 (東京)

 

主な出版物

2020年 『SILVER MARKER—Drawing as Excavating』 (HeHe)
2017年 『Drawing Tube vol.01 Archive 鈴木ヒラク ドローイング・パフォーマンス ゲスト:吉増剛造』 (Drawing Tube)
2015年 『鈴木ヒラク かなたの記号 言語と空間|Langue and Space Vol.1』 (青森公立大学国際芸術センター)
2010年 『鉱物探し-Looking For Minerals』 (BEAMS)
『GENGA』(河出書房新社/アニエスベー)
2008年 『TEAM 11 鈴木ヒラク』 (財団法人東京都歴史文化財団トーキョーワンダーサイト)

 

コミッションワーク

2020年12月 ガレリア御堂原 壁画「ゆらぎから光へ」 (大分)
12月 白木屋ホテル 壁面彫刻「発掘された反射」 (群馬)
11月 リコー 3L 壁画「光の起源」 (東京)
2017年01月 大分市中央通り線地下道壁画「点が線の夢を見る」 (大分)
2016年12月 JINS三宮店 ART WALL (兵庫)
09月 Point to Line アニエスベー銀座Rue du jour (東京)
2015年10月 HIRAKU SUZUKI pour Agnes b.2015 (アニエスベーとのコラボレーション)
01月 コム デ ギャルソン オム プリュス (川久保玲とのコラボレーション)
2014年05月 コム デ ギャルソン オム プリュス (川久保玲とのコラボレーション)
2013年12月 ZOZO BASE 壁画 (千葉)
01月 コム デ ギャルソン シャツ (川久保玲とのコラボレーション)
2012年05月 アニエスベー青山店外壁 (ART FACADE PROJECT Vol.5)
2011年11月 コム デ ギャルソン 青山/京都/ロンドン/香港/ソウル/北京店舗内装 (川久保玲とのコラボレーション)
2010年12月 コム デ ギャルソン 北京店外壁 (川久保玲とのコラボレーション)
06月 アニエスベー オム Paris Collection/アニエスベー本社壁画 (パリ)
2009年09月 HIRAKU SUZUKI pour Agnes b.2009 (アニエスベーとのコラボレーション)
2008年10月 HIRAKU SUZUKI pour Agnes b.2008 (アニエスベーとのコラボレーション)
10月 アニエスベー ボヤージュ 表参道店 (ART FACADE PROJECT)

 

パブリックコレクション (50音順)

アニエスベー・コレクション (パリ)
アーツ前橋 (群馬)
市原湖畔美術館 (千葉)
大分市 (大分)
金沢21世紀美術館 (石川)
高橋龍太郎コレクション (東京)
タグチ・アートコレクション (東京)
東京都現代美術館 (東京)
日産自動車 (神奈川)
株式会社リコー (東京)
ロンドン芸術大学 (ロンドン)